エイジング美容液選びのポイントとは?

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液使い方

エイジング美容液の選び方は有効成分に注目するだけではありません。

 

肌との相性もしっかりと踏まえて製品の内容をチェックしていくことです。

 

そのうえで肌によくなじませ、有効成分を浸透させるための使い方のコツも踏まえて役立てていくことが求められます。

年齢を重ねた方の肌悩みは大きく3つ

悩み 美容液の選び方
加齢と共に必要な水分や美容成分が不足 不足していく成分を補う
シミやシワといったトラブルの予防・改善に必要な成分を補う必要がある ケアに必要な成分を補う
バリア機能のが低下しているので肌に刺激を与えるわけにはいかない 肌に負担をかけずに使う

 

不足していく成分の補充ポイント
・保湿成分が第一

 

・30歳前後から減少していくコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドをしっかりと補うことができるか。
 ※注意したいのは量だけでなく質、とりわけ浸透性を重視

 

 →肌は乾燥するほど有効成分が浸透しにくくなる上、コラーゲンやヒアルロン酸はそのまま補ってもなかなか浸透しない
   有効成分をいかに角質層の隅々にまで浸透させるかにこだわった美容液を選んでみましょう。

 

必要な成分の補充のポイント
・自分がどんな肌の悩みを抱えており、その改善のためにどんな成分を必要としているのかをよく把握

 

 シミが気になる:アルブチンやトラネキサム酸といった美白成分
 たるみやシワが気になる:ビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を促す成分

 

・製品に配合されている美容成分がどんな効果を発揮するのか、できるだけ細かく確認

 

肌に負担をかけずに使えるかのポイント
・防腐剤や合成香料といった添加物ができるだけ使用されていない

 

・伸びがよく肌になじませやすい
 →塗りにくいと摩擦の刺激で肌に負担をかけてしまうこともあるので注意が必要

 

摩擦に負担をかけずに使う点が使い方
・ムラなく塗付していくよう心がける

 

・指で強く擦らず、優しくなじませていく感覚で使う

 

・上から下へ、肌を引き上げるような感覚でなじませていくとリフトアップ効果が期待できるので意識する

 

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液使い方

あとはケースバイケースで化粧水とクリームだけのシンプルなケアで済ませる、

 

アイクリームやマッサージクリームなど充実したケアを行う、といったケア環境の工夫もほしいところです。

 

エイジング美容液の選び方のまとめ
・加齢で減少した成分が補える

 

・自分の抱えている肌トラブルを改善する働きがある成分が入っている

 

・低刺激な内容

 

・摩擦を与えずに塗布できる

 

エイジング美容液に含まれる成分と効果を知っておこう!

成分の効果を知ることが選び方の第一歩

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液成分
エイジング美容液に含まれている成分にはさまざまな種類があり、効果もそれぞれ異なります。

 

年齢肌のどんな悩みを目的に作られているかによって配合される成分も変わってくるのです。

 

成分とその効果に関する知識はエイジング美容液を選んでいく上で非常に大事な基礎知識と言えます。

 

そこでエイジング美容液に配合される成分や効果の特徴をまとめてみました。

 

保湿成分
代表的な成分 効果・働き・特徴

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が(3大保湿成分) 
スクワランやプロテオグリカン、アミノ酸(アミノ酸は天然保湿因子・NMFの主成分)

・化粧品で補うことで老化の影響を予防していくことができる
・エイジング美容液に必ず配合されているといってもよい

特に3大保湿成分は元々、角質層に含まれているが30歳前後を境に減少していくのが肌の老化の大きな原因。
その根本を改善するための保湿成分がよく配合されています。

 

肌のハリの改善成分

ハリ改善成分には、大きく分けて2つのタイプ があります。

 

まずはターンオーバーを改善する効果が期待できるもの。

代表的な成分 効果・働き・特徴
EGFやプラセンタエキス

・新しい肌を作りつつ古い肌の排出を促すターンオーバーの機能が老化の影響で衰えていく
 →くすみやゴワつき、シミといった問題を抱えやすくなる

 

もう1つはコラーゲンの生成を促す成分。

代表的な成分 効果・働き・特徴
ビタミンC誘導体、レチノール、FGF、ナイアシン

・コラーゲンを作っている線維芽細胞を刺激する
・化粧品でコラーゲンを直接補っても角質層にまでは浸透しない

 

→体内での生成量を補うことも必要

 

保湿成分としても大事なコラーゲンですが、真皮層では肌を支えてハリと弾力を維持する役割を担っているため、
コラーゲンの量を増やすことがハリの改善に繋がります。

 

美白成分
代表的な成分 効果・働き・特徴

ハイドロキノン、アルブチン、トラネキサム酸、
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス

・シミ・くすみの原因となるメラニン色素をブロックする
・効果が高いほど肌への刺激が強くなる面もある
 →肌に合っているかどうかの配慮が求められる
・近年では効果よりも低刺激を重視して美白成分が選ばれる傾向が見られる

こうした美容成分のなかから自分にとって必要なもの、自分の肌にも無理なく使えるものを意識してエイジングケア美容液を選んでいくことになるわけです。

エイジング美容液の効果的な使い方

ポイントを押さえて美容液の効果をアップ

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液使い方

エイジング美容液の使い方のポイントは2つ。

 

肌にしっかりなじませること」と「肌に負担をかけずに使っていくこと」です。

 

バリア機能の低下などの問題を抱えやすい肌だけに、

 

いかに無理なく使い続けられるかとどうかがエイジングケア全体を決定付ける大事なポイントになってきます。

 

事前ケア

まず化粧水、ローションをしっかり使う意識を高めるましょう。

 

洗顔の後で敏感になっている肌を整える化粧水・ローションをしっかり使えていない
→低刺激なエイジング美容液であっても負担をかけてしまう恐れがある

 

化粧水で角質を整えていない
→せっかく美容液に配合されている美容成分が十分に浸透せずに効果が得られない恐れも出る

 

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液使い方

導入美容液まで使用する必要は必ずしもありません。

 

しかし少なくともエイジングケア美容液を使う前に、美容液の効果ができるだけ発揮されるような環境を整えておきたいところです。

 

乾燥によるカサつきやゴワつきが気になる場合には事前に蒸しタオルや蒸気をあてるなどして肌を柔らかくしておくのもよいかもしれません。

 

このあたりは自分の肌の状態を見極めながら必要なときには取り入れるなど工夫しましょう。

 

付け方

B.AグラングラゼU口コミ効果成分使い方エイジング美容液使い方

エイジングケア美容液を塗付する場合には必ず指で強くこすらないよう注意し、優しく肌になじませていきます。

 

この段階で摩擦の刺激を与えてしまうと効果どころかマイナスになってしまう恐れがあるので要注意です。

 

指だけでなくコットンに浸したうえで押し当てる形でなじませていく方法もあります。

 

まず手のひらにとって少し温めてから使う、

 

最後にハンドプレスで肌になじませるといったちょっとした工夫を取り入れてみると浸透しやすくなるのでオススメです。

 

エイジング美容液の使い方のまとめ
・事前に化粧水で、美容液が浸透しやすい肌環境を整える

 

・乾燥やごわつきが気になる場合は、肌を温めておく

 

・指ですらないように要注意、コットンに浸して押し当てても良い

 

・最後にハンドプレス